このサイトでは不動産投資で確実に資産を増やしていくために、不動産投資会社との付き合い方などのコツを幅広く紹介しています。投資に失敗してしまった方々は物件選びではなく、パートナーとなる不動産投資会社の選び方を間違ってしまっている事が多いです。
悪徳業者に出会わないためにも、評判の良いパートナーの見つけ方を学んでみてください。営業スタッフの巧みな言葉に騙されないために、学習しておくべき点なども紹介しています。

不動産投資会社とうまく付き合うコツ

不動産投資会社とうまく付き合うコツ 長期的にサポートをしてもらいたいと思えるような、不動産投資会社を選ぶためには、最新の賃貸情報を提供してくれる会社なのか確かめてください。
投資先の不動産物件の情報を見せてもらった際に、賃貸情報のデータがあまりにも古いようであれば、データの更新を怠っている不動産投資会社だと見分ける事ができます。
数年前まで人気があった賃貸物件も、突然に人がいなくなってしまう事もあるからこそ、最新の賃貸情報をチェックする事は忘れないようにしなければいけません。
賃貸物件への投資を行う際には、入居者を募集するためのノウハウや広告媒体をどれだけ持っている不動産投資会社なのか確認する必要もあります。入居者を効率的に集めるために、どれだけ力を入れてくれる会社なのか確かめる事が、長く付き合える不動産投資会社を見分けるコツです。

不動産投資会社の担当者との相性

不動産投資会社の担当者との相性 不動産投資を考える際に、意外と軽視され、実は重要なファクターとなるものが存在します。それが不動産投資会社との相性です。不動産投資で失敗する人の多くは物件選びで失敗をしているのではなく、不動産投資会社の選択を失敗したからこそ、不動産投資で痛い目を見たというケースがほとんどです。その理由として、お客さんが求めているものをしっかりと提示できなかったことに尽きます。確かな知識があれば、例えばお客さんが利回りを求めていれば、リスクがあることを伝えた上で物件を提示するなどのことができるようになります。
ところが、不動産投資会社の担当者はノルマを達成したいがために、自分たちにとって都合のいい物件を提示し、それを契約させようとします。そうなると、お客さん本位ではなく、単に自分本位です。また、収益のシミュレーションも都合のいいように作り上げることもできます。これを信じてしまうことで、不動産投資で資産運用をする人の多くは失敗をしてしまいます。
相性はとても大事であり、自分が求めている情報を提示し、確実性を重視していることを伝えれば、それに特化した物件をいくつも提示するような、お客さん本位の姿勢があるかを相談の中で見極めることが求められます。

おすすめ不動産投資会社関連リンク

投資のプロが金利比較やキャッシュフローサービスを提供してくれます。

不動産投資会社なら